FC2ブログ

チャーム広報blog

ひなはぜたん

まいど。KAKAです。

最近のスタッフblogですが、
・・・私の記事が連チャンのような気が、すルゥ~。


決して暇なわけではありません。今日もそれはそれは頑張りましたよ。。えぇ。

引越しやらオープンが迫ってるやらでそれはそれは各々どの部署もワチャワチャやっとるわけです。
こんな記事を書いている時でも見えないところではせかせか働きingなんでしょう。


世界中のどこかで、スタッフblogを心待ちにしている人は多分いるはず・・・
そんな方の為にも私は少し時間があればブログを書こうと思っているわけでございます・・

さぞやみなさんも日頃の仕事や家事でお疲れなんでしょうね。
最近、無性に癒しを求めているあなた!
最近、やたらと一点集中しながらボーっとしてしまうあなた!
最近、お菓子を買ったら、ほとんどがチョコレート系だったあなた!

そんな今回は、疲れた体を癒してくれよう魚をご紹介。



どりゃぁ!!
17239-1.jpeg

奄美出身、ヒナハゼと申します。よろしくお願いします。

いやぁ~、フレッシュなあいさつですねぇ。

流木の陰からぼや~っとしている様は癒しですね。
このずんぐり体型のまだら模様、性格も温和で混泳するのもサイズを考えれば問題なしです。

ヒナハゼは、静岡より西の本州太平洋側から南西諸島、東南アジアと広域に渡って生息しています。
ちなみにチャームで扱っているヒナハゼは奄美産です。
最大でも4センチと小型のハゼで、河川の下流~汽水域に生息しています。
が、純淡水で飼育は可能なため、ストレス無く飼育できるのもポイントです。

17239-3.jpeg

明日は春分の日ですね。
暖かくなってきているので、天気が良ければ混泳できる魚を採集するのもアリですね。

それではこの辺で・・・

おおきに

!!!!!!!

まいど。

元関西人ではなく、関西人ナウKAKAです。

私のブログを読んで頂き、コメントまでくれるとは・・ありがたい。
これは一番のモチベーションになります。マジで。
他のブログも良い感じなら、拍手もしてやってください。
そんなわけで今後もよろしくお願いします。


そんなKAKAブログ、今回は驚きをお伝えしたく・・・。

何が驚きかといいますと・・・、


67125.jpg
アラバマレインボー・シャイナーが越冬しました。これはチャームの商品説明を覆す結果となります。

偶然の結果であり、しかも同じ水槽内のメダカは水温の低さで今にも死にそうなんですが・・・
アラバマさんは痩せずに、むしろ太って、しかも6匹も!

ちなみにエアーレーションを止めれば水面が凍るであろう水温です。
現在も元気に泳いでいます。


もうひとつ、エビを移動するという事になりまして、キンキンに冷えた水の中のエビにまぎれて魚が一匹・・・
どれどれ?網ですくうとビックリ!!・・・そいつはなんとガラルファでした。


魚って強いんですねぇ。急な水温変化にはめっぽう弱いのに。。
ガラルファなんて温泉なイメージやのに、これでは水風呂ですわ。


あくまでたまたまであり、全てがこの環境に適している訳ではございません。
くれぐれも皆さんは決して真似をしないように・・・どうしてもやりたいのであれば、自己責任っす。





話は変わって、リリース情報っす。
15372.jpg

ラマシー始めたっす。



これはメキシコのユカタン半島原産のラマシー・ザリガニと言います。


前回のリリースより少しサイズアップしてます。
体側のラインも美しいですよ~。ハサミの毛もいい感じですよ~♪

複数匹でストックしていますが、流木やパイプを入れているためケンカもせず、状態よろしです。
写真個体より発色も良く、オススメです。

欠品になる前にお求めの方はGETして下さいませ。


そんな感じで今回これまでよ。

おおきに


ぼちぼち・・・

まいど。
KAKAです・・

この前の休み近所を歩いてたんです・・・
たまたま用水路があったんで、覗いてみたんです・・・・
そしたら元気にザリガニがずろずろ歩いてたんでし。
語尾が「です」「です」とアレやったんで、「でし」にしてみました。


寒さも落ち着きだしたし、冬眠していた生き物たちは春とともに活発になってきますね。

人間はそろそろ花粉と言う大敵との格闘の日々を繰りひろげるわけで・・・
複雑な時期ですねぇ、春は。

で、今回紹介するのは、ぼちぼち良いかなと思いまして。


どぅーん!
13587-2.jpeg
もうすぐ春ですね、メダカを飼ってみませんか♪♪
メダカって学名では、Oryzias latipesと言います。
またイネ属の学名はOryzaと言い、田んぼと関係してるのがわかります。
漢字では「目高」と書きます。
目が体に対して大きな事と、高い位置に目がある為にこの様なネーミングに・・・
関西の芸人でも「めだか」はいますが、決して大きな目でも高い位置にも目はありません。
しいて言えば・・・背が低いです。



自然界でのメダカは少なくなってしまいましたが、昔はよく田んぼで泳いでるのを目にした経験があります。
流れが強い場所は苦手な為、田んぼや流れの少ない場所に群れていたり。
そんな風景は最近見る機会がぐんと減った気がします。

そんなメダカも改良され、今では様々な種類のメダカがいます。
よくショップとかで見るヒメダカや白メダカ、楊貴妃とか。
他にはヒカリメダカやら変わった目をしたスモールアイだの、
えびぞってます!シャチホコメダカ・・・とか。

他にも沢山の改良種がメダカ界には誕生しています。


飼い方はいたって簡単で、水質に気を付けて飼育していれば繁殖も可能です。
飼育する上で、どの容器で飼うか、ってのも楽しみのひとつではないでしょうかね。

スイレンやハスと一緒にお洒落な睡蓮鉢で飼うのも域ですよね。

神経質に飼う必要はありません。
方法も十人十色なので、オレ流な飼い方をおすすめします。。

そんなわけで、そろそろメダカでっせ。

おおきに


«  | HOME |  »

最新の記事

最近のコメント

最新のトラックバック

チャーム広報部

チャームblog担当諸々

チャームblog担当諸々