FC2ブログ

チャーム広報blog

知られざるサービス物語

ブログの顔ぶれがだんだん固定化してきたなぁ・・・・・。

ブログ・ジャックも夢ではなくなってきた
T・Aです。

本日は今まで書けなかったことを書いていきましょうか!!

と、いうことで知られざる開発の裏側をざくっと
書いてみます。


チャームタオル 2011年モデル ホワイト 
87002-1.jpeg


お年賀用に作られましたが、
奇跡の在庫が発掘され、再配布となっているプレミアムタオル。

デザインコンセプトは
お正月だから紅白!

赤がきれいなのは何かな…から探して辿り着いたのがアフリカン。
そして壁画。

と飛躍した経緯がございます。
少々茶がかった赤色なのはそのためです。


綿花高騰の煽りを、もろに受けていますが、
仕入先に無理を聞いてもらい、これまでの中で
最高の綿花を使用しているんです。
(たまたま確保できたのが良質の綿花だったわけ)

だからあらレ○アとか使うと、意外にふわっとしたりします。
品質はニジュウマル。


フォールディングファンⅡ(オリジナルうちわ)
66843-1.jpeg


これ面白い!

から始まったアイテム。
たためて・涼しい!
開発時期は震災の前でしたが、偶然に需要が高まってしまいました。

ハス、睡蓮、石巻貝、ホシクサ、海水魚、ディスカス、エビ、チャーボ、
メダカ?水草?水滴?
をイメージの中に練りこんだ一品。

開発ヒントは日本の家紋で、「寄せ」のテクニックを使用。
丸型だったからつい・・・。

じっくり回して眺めるといろいろ描いてあって楽しいかもしれません。
また、
この色の布地を選ぶ際、
工場の方にすごく尽力いただいたそうですよ。

ちなみにコレベースの丸型マウスパッドの製作計画を打診しておりますが、
許可が出ない・・・んです。

スポンサーサイト



こんにちは、海水担当です。

震災の影響で入荷が途絶えていたのですが久しぶりに入ってきました。
◎アワビグリーン
あわびあの食用になるアワビでコケ取り能力は数ある貝類の中でもトップクラス!・・・ですが原産は北の海なので暑いのが苦手。。クーラーがしっかり効いた水槽で飼ってあげてください。

夏場にも耐えられるあわびが欲しい方は・・・
◎ヒラヒメアワビ
淡水のフネアマガイに似ている貝ですが本種もよく働きます。
ただ移動の際乱暴に扱うと足を切り離してしまうことがあるので
やさしく扱ってあげましょう。
ひらひめ

最後。
◎スカーレットリーフハーミット
ふはーフロリダやブラジルなど大西洋の暖かい海域に生息するヤドカリでその真っ赤な体色は見ても楽しめる種類です。
本種は草食が強くコケ取りやさんとしても活躍してくれます。
今回、ご要望にお応えして大きめのLサイズの扱いを始めました。
あまり数が入ってきませんのでほしい方はお早めに!

不定期連載シリーズ-だらだら途中下車の旅53
なんとか駅まで車を飛ばしてもらい目的の列車に間に合うことができました。
車で2時間近くかかっていたのがわずか30分足らずで終着駅に。
a23.jpg
普通さえ通過する列車もあった町外れの駅が・・・とんでもない発展。
ちなみに新幹線ではホームから海が見える唯一の駅だそうです。

翌日。
a25.jpg
運良く新型のきっぷが取れました。
どこの駅に行っても人だかりが出来る人気者です。
さぁ、乗ってみましょう。

それでは、今週はこの辺で失礼いたします。。

夏先取りのトレンド実用品!

だいぶご無沙汰いたしました。
T・Aでございます。
しかしまぁー・・・
だんだんと夏に近づき、省エネ、暑さ和らげ対策が
ひっぱりだこです!
そんなことで今回はまじめに夏先取りのトレンド実用品!
をご紹介~。

ここ最近。
本当にお問い合わせとお買い上げが多いのは

緑のカーテンが出来る+収穫も出来る。

ゴーヤ苗
84783-1.jpeg


これですねぇー・・・。

先日、群馬のみどり市ではゴーヤ苗の無料配布に人が殺到し、
暴動一歩手前までいったんだとかなんとか。

そんなことで、
マーケット全体では品薄感があるそうですよ。(仕入れやさん談)

育てたら、水はたくさんあげてくださいネ。
ぐんぐん伸びます。

あとは

すだれ!
66841-1.jpeg


こちらも売れ筋でございますねぇー・・・・。

聞いた話ですが、
去年の猛暑で原料のヨシがよく育ったため、最高の品質なんですって。
1本1本がぶっとくて強いという話ですよ。(国産原料のもの)

買うなら国産品のよしずなんかもお勧めです。(やや高いですが)


こんにちは、海水担当です。

チャームは11月決算なので5月が半期となります。
というわけで今年は
sale-hankisale0517.jpg
も開催中です。海水担当おすすめはMAXとコーラルグロウ。生体は大きなスカンク、デバ、ライブロックなんかがおすすめでございます。
売切れ次第終了となりますのでお見逃し無く!

それでは今週のおすすめ。
◎ハリセンボン
はりせん言わずと知れた怒るとトゲトゲになるフグ。
飼育のポイントとしてはちょっとの環境変化ですぐに白点が出ますので温度管理などに気をつける(できればすぐに薬が使えるようにライブロックなどを入れないレイアウトがおすすめ)のがポイントです。

今回はあまり入荷しない、6cm前後のかわいらしいサイズが来てます!

◎カワラフサトサカライトグリーン
かわらG育てやすいソフトコーラルの中でも特に丈夫なので初心者にもおすすめ。今回は薄くグリーンが入ったタイプを、なんとノーマルカラーよりお安く販売しちゃいます。


不定期連載シリーズ-だらだら途中下車の旅52
a12.jpg(先週の続き)最終目的地に入る前に海側へ。
岩手~福島ほどではありませんが津波の痛々しい爪痕が残ります。
橋の欄干も流れてきた船が当たってひしゃげてしまいました。
うみねこの飛来地として有名な島にやって来ましたが近くのトイレは陥没。
そんな中でも懸命に巣作りや子守りをする夫婦たち・・・
a13.jpg
a11.jpg目的の新幹線の時間が迫っていたので市場が目の前にある駅から乗車することに。。
が以前来たときより大分寂しくなってしまいました。
きっぷを買い余裕で間に合うと思ったらここでアクシデント!なんと臨時ダイヤで目的の列車が運休・・・
(来週に続く)

それでは、今週はこの辺で失礼いたします。。

エビ水槽にぜひこのモスを!

 ブログをご覧の皆様、こんばんは!
 水草担当・ミスターK2号です。

 本日は、エビ水槽に最適なモスをご紹介します。

 まずは定番の「ジャイアント南米ウィローモス
13636-1.jpeg
  大きな葉を密に展開するため、エビの産卵床や稚エビの隠れ家にはもってこいのモス。流木や溶岩石に巻きつけても良いですが、手っ取り早く活用したい方には
 「ジャイアント南米ウィローモスマット」がおすすめです!
17998-1.jpeg


 ストック水槽ではコケ防止用に入れているミナミヌマエビの稚エビがわんさかと見られます。エビもこのモス大好きみたいです。

 さて、もう一商品ご紹介。

 「ジャワモス
12854-1.jpeg
12854-2.jpeg

 聞きなれない名前に「ん?」と思われる方も多いと思いますが、このモス、他のモスと比べて長期維持が容易、エビにも最適なのです。

 というのも、

 ●他のモスに比べ活着力が強い
 ●低光量でも育成可能かつ、光の当たらない活着部分が枯れにくい

 というような特徴を持っていますので、長く成長させれれば密になってエビの産卵床にも稚エビにも最適ですし、トリミングをすれば流木などへの巻きなおしも必要ありません。ジャイアント南米ウィローモスなどはどうしても光の当たらない下の部分がかれてやがてバラバラになってしまうため、再セットが必要になってしまいますが、その点、このジャワモスはトリミングで対応できますので、とってもおススメです♪

 それでは今夜はこの辺りで失礼します。
 

 | HOME |  »

最新の記事

最近のコメント

最新のトラックバック

チャーム広報部

チャームblog担当諸々

チャームblog担当諸々